電子部品組立加工

1994年には、より高付加価値かつ低価格での部品供給を目差し、ラバーアンテナの成形から、組立てまでの一貫製造に乗り出し、当時その革新的な量産技術が評価され、現在も2色成形と合わせ弊社工場を代表する生産部品になつています。

現在、アッセンブリー部門においては、オーデイオ、コンピュータ関係のジャック組立てなども手がけ、成形メーカーとしてだけではなく成形を含む部品メーカーとしても高い評価をいただいております。